TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

高校受験情報 注目記事 NEW POST

help
  • 1位

    生徒数が多い・少ない私立高校

    [2020年5月26日更新]人気のない私立高校は生徒集めに毎年必死だ。当然だが生徒が集まらなければ授業料も集まらない、大学合格実績も少なくなる、部活動も満足にできなくなるなどデメリットだらけ。そもそも定員が少ない=少人数制を方針としている学校なら何ら問題ない。入学者を集められない学校が問題なのだ。今回の記事は、2019年12月の高1在籍数を旺文社「高校受験案内」の数値を使って集計した。2018年12月の高1在籍数は過去記事を読まれたい。比較しても面白い。<過去記事:生徒数の少ない私立高校>◆生徒数がいちばん少ないのは成女在籍数100未満の高校を並べた。品川翔英。初めて聞く方もいるだろう。去年まで小野学園女子高校という名で、今春から校名変更&共学化となった。東京音大付属は募集人員が70名なので、不人気なわけではな...生徒数が多い・少ない私立高校

    おりぐち

    都立に入る!

    読者になる
  • 2位

    受験者が集まる都立高校に共通点はあるか

    [2020年5月27日更新]都立高校には定員がある。正確には「募集人員」という。東京都の中学3年生の数に応じて、毎年都立高校全体の定員が決まる。例えば令和2年度(2020年度)の高校入学定員は・進学率を95.0%とする・都立高校:私立高校の按分比を59.6:40.4とすると定めている。参照:都教育委員会HPいつからこの比になったのかは不明だが、15年前は確かにこの数字だった。また学校ごとの定員は都教委が決める。高校が独自に決めることはできない。なお島しょの都立高校は島民全員が合格できる定員になっている。(大島海洋国際は別)定員が多ければ合格者も多くなる。一方、受験者数は必ずしも定員とリンクしない。定員が少ないが受験者が多い高校もある。逆もある。その学校は当然、入試の実倍率(受験者数/合格者数)は高くなる◆受験生...受験者が集まる都立高校に共通点はあるか

    おりぐち

    都立に入る!

    読者になる
  • 3位

    私立高校の偏差値は意味がない

    [2020年5月25日更新]大学受験や中学受験と違い、大半の私立高校受験では偏差値の意味などない。これを知らない方が多いので今回は記事にする。◆私立高校に入るための手段は3つ手段1.推薦入試手段2.併願優遇手段3.一般入試これらの違いは、詳しくは過去記事にまとめているので、そちらを読んでほしい。<過去記事:東京都の併願優遇について全部、教えます>推薦入試には「単願」ならほぼ確実に受かる高校と、試験の結果で合否が決まる高校がある。一般入試は私立中学受験や大学受験と同じ仕組み。ペーパーテスト一発勝負。入試日のデキ次第で合否が決まる。通知表の点数や部活委員会活動など一切関係なしのシンプルな受験だ。併願優遇がない学校は推薦入試であれ一般入試であれ、テストを受けてその点数で合否が決まる。まぁ当たり前の受験システムだよね。...私立高校の偏差値は意味がない

    おりぐち

    都立に入る!

    読者になる
  • 4位
    読者になる

「受験ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)