TOPICS
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

高校受験情報 新着記事

NEW POST help
  • 読者になる
  • 読者になる
  • 覚えるべき鉱物は2つだけ

    [2020年10月29日更新]過去2010~2019年度で「鉱物を問う問題」は出されていない。Vもぎでは頻出なのだが、都立入試では出題されていないのである。とは言え、次回で出ない保障はない。今回は「覚えるべき鉱物」を教える。◆「石英」と「長石」のみ覚えよ結論から言うと、無色鉱物の2つだけ覚えておけばいい。これらを多く含む岩=白っぽい岩と考えれば、Vもぎならすべて解ける。中学校の定期テストなら、有色鉱物・無色鉱物とも覚えなければならないが、都立入試ではそこまで覚える必要はない。教科書に載っている有色鉱物は・黒雲母・角閃石・輝石・橄欖(かんらん)石・磁鉄鉱流紋(りゅうもん)岩や花崗(かこう)岩には黒雲母が含まれているが、無色鉱物の割合のほうが大きいので白っぽい岩である。黒雲母の"黒"という文字に惑わされないように。...覚えるべき鉱物は2つだけ

    おりぐち

    都立に入る!

    読者になる
  • 読者になる
  • 【旧6学区】過去6年 募集人員の変遷

    [2020年10月28日更新]都立高校の募集人員と、一般入試の実倍率の変化にはどのくらい関係があるのか。今回は旧第6学区を検証する。◆セオリー通りこれに合わせて2016→2020年度、男女別の一般入試実倍率を見ていく。青字は昨年度より1クラス募集数が増えた年。赤字はその逆、1クラス減った年だ。城東男子1.53→1.43→1.72→1.65→1.70女子1.36→1.50→1.69→1.59→1.68定員増の年は男子が倍率下降したものの、女子は倍率上昇している。募集人員が16名増えたが、受験者数は165名から206名と大幅な増加。2018年度も女子受験者211名とほぼ同数ながら、募集数は14名減ったので1.69という城東高校にとっては高倍率になってしまった。2010年度以降では女子の最高倍率である。江戸川男子1....【旧6学区】過去6年募集人員の変遷

    おりぐち

    都立に入る!

    読者になる

「受験ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)