• 1位

    TOEIC第238回目

    今日は少し強めの雨が降る中TOEIC第238回目に臨みました。 やはり会場の質にも左右されますね...結果に関してどうなったか予想もつきません。しかし、まだま…

    500

    徒然なる500

続きを見る

  • 抽象的事実の錯誤

    刑法総論試験対策 抽象的事実の錯誤 「抽象的事実の錯誤について事例を4つ挙げて説明せよ。」 1. 認識していた犯罪事実と現実に存在した犯罪事実とが一致しない場合を「事実の錯誤」という。事実の錯誤は、同一犯罪類型内で生じた「具体的事実の錯誤」と、異なる犯罪類型間で生じた「抽象的事実の錯誤」とに分類される。 2. 刑法 38 条 2 項は、「重い罪に当たるべき行為をしたのに、行為の時にその重い罪に当たること…

    司法学徒 司法試験合格への道
  • 中止犯

    刑法総論試験対策 中止犯 「中止犯について事例を 5 つ挙げて説明せよ。」 1. 「中止犯」ないし「中止未遂」とは、実行に着手したものの「自己の意思により犯罪を中止した」場合をいう(43 条ただし書)。外部的障碍によって既遂に至らなかった「障碍未遂」の効果が刑の任意的減免である(43 条本文)に対して、中止犯の効果は刑の必要的減軽または免除である。 2. この必要的減免の根拠については、主として以下の3つの学…

    司法学徒 司法試験合格への道
  • 正犯と共犯

    刑法総論試験対策 正犯と共犯 「間接正犯と教唆犯について事例を4つ挙げて説明せよ。」 1. 間接正犯とは、「人を殺した」といった各則の構成要件が直接適用されるものであるから、直接正犯と同じ意味で犯罪の実現過程を支配している場合に成立する。それは、行為者が他人の行為を意のままに利用して結果を惹起したといえる場合であろう。間接正犯の様態としては、強制による支配や責任無能力者の使用のほか、錯誤の利用…

    司法学徒 司法試験合格への道

続きを見る

続きを見る

続きを見る

「受験ブログ」 カテゴリー一覧