受験勉強法 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/05/26 21:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
utokyo318さん
  • 情報提供脳を作る読書 東大生母の子育て回想記utokyo318さんのプロフィール
  • 読書が子ども達の脳の発達にどのような影響を与えるのかについて解説されている記事を読みました。脳の発達という観点から考えると、読書には次のような効果があると言われています。・言葉の意味を補う「想像力」が鍛えられる・「自分の言葉で考える力」が身につく・読んで味わった経験を脳に刻むことができる子どもの脳はまるでスポンジのように外界からの刺激を吸収することができるので、小さいうちから本に親しみ、いろいろ想

2位
関亜紗子さん

3位
岡崎展久さん
  • 情報提供御三家いける子は 中学受験必勝法岡崎展久さんのプロフィール
  • 塾いかなくても、御三家に行けます。御三家に行けるかもしれなかったが塾に行って、いけなかった生徒はいると思います。塾に行ったから、御三家に行けたという生徒は、ほとんどいないと思います。
4位 カーネギーさん
5位 kotonoさん
  • 情報提供英語の受験勉強がスランプだわ〜と思った時の脱出方法を作ろう 高校生の英語勉強法kotonoさんのプロフィール
  • スポンサーリンク 今回のテーマは【受験勉強がスランプ気味の日のちょっと息抜き英語】を楽しむ方法について。 受験生活、長いようで短い、短いようで長い2年間。プレッシャーの中、勉強を頑張り続ける毎日ー。スランプに陥ることは、誰にだってあります。 大丈夫。スランプになるということは、あなたが真面目に頑張っている証拠! なので、普段のペースで勉強する元気がどうしてもでない日。上
6位 utokyo318さん
  • 情報提供ほめてもうっとうしがる子 東大生母の子育て回想記utokyo318さんのプロフィール
  • 子どもをほめるのは案外難しいですよね。成果が出ていればもちろんほめたいですし、そうでない場合もこれまでの努力を認めてあげた方がいいのは分かっているのですが・・・・子どもがやる気を失わないような声掛けが大切ですが、不自然なほめ方になると子どもの心には届かず、かえって反発されたりもして悩みますよね。コーチングの先生によると、子どもは親の言ったとおりの子になるそうです。「できない子」と言えばできない子に
7位 Shigemiさん
  • 情報提供定期テスト 小・中学生の受験奮闘記(徳島版)Shigemiさんのプロフィール
  • 最近は、2学期制のところもあれば、3学期制のところもあって、おまけに、1学期の中間テストは、あったり、無かったりするし、1学期の期末テストは5教科だったり、9教科だったり、学校によってばらばらで、わけがわからなくなります。wwですが、まぁ5月も下旬が来ると、6月には、中間か期末か何かの定期テストがある学校がほとんどなので、「学校のワーク、やってる?」「ほんとに?」「いけてる?」な〜んて、ついついしつこく質
8位 楠木塾長さん
  • 情報提供このままでは、高校から追い出されそうです 中学生の勉強法と親の心得 高校受験対策と反抗期対応楠木塾長さんのプロフィール
  •  deyasiky様から、お寄せいただいた教育相談のご紹介です。こんにちは、初めてご相談申します。中学1年、4月より2年の娘を持つ母です。娘は何事もおっとり、遅く、人より遅い発達のように思えました。幼稚園からの私学に入れましたが、6年頃から周りと勉強の差がついてきました。もともとできませんが、幼稚園からの学校は大学もついておりエスカレーターでしたが、今では進学校へと様変わりし、中学に入り、家庭教師をつけても、
9位 カーネギーさん
10位 utokyo318さん
  • 情報提供子どものうつ病 東大生母の子育て回想記utokyo318さんのプロフィール
  • 未成年の子どものうつ病が増えているという記事を読みました。うつ病の子どもが増えている主な原因としては、子どもの精神面が弱くなっているということがあげられるそうです。現在のように成熟しきった社会では、子ども達も前向きに努力しようという気持ちになれず、忍耐力も低下してしまうのでしょうね。何をするにも気力がわかなかったり、食欲がなく良い睡眠も取れていないなどの症状が2週間以上続く場合は、専門医に相談した
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 岡崎展久さん
12位 Shigemiさん
  • 情報提供良い学校 小・中学生の受験奮闘記(徳島版)Shigemiさんのプロフィール
  • こんな仕事をしていると、「どこの学校が良いの?」なんて時々聞かれますが、そんなの、人によって違いますから、答えられません。出し惜しみでもなんでもなくて、本当にどこがいいかなんてわからないですもの。身近に、○○校に行って、よくないことが起きた人がいれば、○○校はイマイチだと言い、○○校に行って、よいことが起きた人がいれば、○○校はすごくいいと言います。噂なんて、その程度のものですよね。校風や教育方針
13位 kotonoさん
14位 関亜紗子さん
  • 情報提供自分の負担を格段に減らせる勇気を持てたのはマインドマップ講座のおかげです。 自分をデザインできる人を増やす講師関亜紗子のブログ関亜紗子さんのプロフィール
  • ● 自分の負担を格段に減らせる勇気を持てたのはマインドマップ講座のおかげです。自分をデザインできる人を増やす講師 関亜紗子です。(>>私のプロフィールはこちらです。) マインドマップ講座 /お客様の声 3時間セミナー(初めての方にオススメ)ホームページ / Facebookお仕事依頼・お問い合わせ 5月のいいお天気が新潟市では続いています^^ 5月が1年の中で一番すきですね〜! さて、 「この山のような仕事を全てや
15位 RINAさん
  • 情報提供ダメ女 教師になりたいRINAさんのプロフィール
  • 最近ダメ女。すぐ泣くし、勉強出来ないし、やってないし。あ、、、もう嫌になってくる。
16位 kiriさん
  • 情報提供数と式|数の定義をはじめから学びなおす ひびこれたんれんkiriさんのプロフィール
  • 今回は、高校数学で扱う数について確認します。数の再定義と言っても良いかもしれません。中学までは小数や分数も扱っていましたが、ほとんどが整数中心の数を扱っていたと言えます。そういう習慣ができたせいか、基本的に整数を中心に考えてしまいがちです。もちろん大雑把に考えるときはそれで構わないのですが、高校数学ではそれだけでは足りません。高校数学で扱う数の範囲は、中学までと異なり、だいぶ広がります。初めのうち
17位 宇都出雅巳さん
  • 情報提供「歩き慣れた道を速く歩ける感覚、これが速読である」(読者のコメントから) だれでもできる! 速読勉強術 宇都出雅巳さんのプロフィール
  • あなたの学習回路を作動させる学習コンサルタントの宇都出です。 コメント欄で読者の「ななし」さんから、「速読」についてのコメントが寄せられました。 「歩き慣れた道を速く歩ける感覚、これが速読である」 なかなか分かりやすいたとえだと思い、こちらにもシェアさせてもらいます。速読についての理解を深める参考にしてください。 ====================================================================
18位 カーネギーさん
  • 情報提供「ぼったくりですか?」と言われました。 成績110番カーネギーさんのプロフィール
  • こんにちは。学習ジム・コーチの堀です。昨日のキャンペーン早速お問い合わせいただいています。以前に「ぼったくりですか?」と失礼なことを言われたことがあります。その話で少し。子どもが勉強して、自立していく上で必要なことが2つあります。1つは、「精神的な自立心」です。子どもは勉強していると当然ですが「わからない問題」というのが出てきます。それは学年が上がれば上がるほどたくさん出てきます。それを「わから
19位 柏村真至さん
20位 kotonoさん
21位 くるりんさん
  • 情報提供子供に自信をもたせるために、親がすぐにできること こどもみらい塾 (能力を伸ばす子育て)くるりんさんのプロフィール
  • サンケイリビング新聞社(東京)主催のwebサイトに毎週コラムが掲載されることになりました。 子供も大人も自信がなくては何かするにも1歩が踏み出すのが大変です。テストの問題も自信がない子はせっかく正しい答えを最初に選択しても後で消して間違った答えをわざわざ書いたります。 日常のちょっとした親の行動を気をつけるだけで 子供の自信は変わってきます。 コラムはこちらhttp://gyutte.jp/1653&nbs
22位 わってんさん
  • 情報提供世代間対話不能→自己中 国語教育と自然言語処理わってんさんのプロフィール
  • 若者(何歳?たぶん30代まで)が言います。「今が良ければいいかなって」ある程度社会的地位のある50代〜が言います。「そんな享楽的な生活じゃだめだ。将来をしっかり考えろ」こうして、両者は理解不能のまま、世界が断絶されていながらも、同じ日本で生きます。重要なのは、「今が良ければいい」の意味です。付け足して「将来」の意味です。若者にとって、「今」とはある程度満足できる「今」です。つまり、贅沢は知らないけれど
更新時刻:17/05/26 21:30現在